(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

気温とラバー硬度の関係

 

昨日の練習は、広い体育館で行いました。

しかし、夕方から始めたというのに恐ろしい暑さです。

 

土曜日のクラブはNittakuボールで練習するため、

メインラケでプレーしました。

 

ラケット:インナーフォースZLC

 

ラバーF:ラクザ7

 

ラバーB:ファスタークG1

 

そこで、感じたことなのですが、

「ラクザ7の引っかかりが悪いし、オーバーする。」

異常に軟らかくなってました。

 

それに、ファスタークG1も変でした。

 

いつもだと、硬いG1のシートとスポンジが

回転の力で、バチンとはじき出すというイメージなのに、

ややリアクションが鈍いのです。

バチンといかない。

 

湿気もあるかもしれませんが、

温度かなと予測しています。

 

一方、予備ラケットに張ってあった

ラクザXがかなり好感触に。 

なんというか、変わらずグリップしている感覚がありました。

 

プラ対応ラバーの威力を見せ付けられた日となり、

一瞬、一瞬ですが、ラバーを変更しようかと考えちゃいました。

例えば、F:ラクザX B:ファスタークP1とか。

 

でもでも、こんな暑さでプレーすることは、

そう多くないのではないかと考えると、今のままでもよいような。

 

悩みは尽きませんね。

 

とりあえず、「腕を磨けよ。」ということでしょうか。