(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

TSPプラボール対策

ついに分かりました♪(´ε` )

 

一言で言うと、

「ラバー硬度を少し下げる。」

 

ついにたどり着いた感ありです。

 

以前、40度のラバーと42.5度のラバーが

かなり好感触だったので、

45度のVEGA JAPANで試してみました。

 

すると、なんといつもの打ち方で

TSPのボールをドライブすることができたのです

\(^o^)/ヤター!

 

ただし、ラバー硬度といっても、

カタログに載っているのはスポンジ硬度だけなので、

シートの硬度にも気を配る必要があります。

 

どういうことかというと、

例えば、テナジー05とテナジー64のスポンジ硬度は

全く同じ36度です。

www.butterfly.co.jp

しかし、05と64を打ち比べると

明らかに64の方が軟らかく感じます。

スポンジ硬度は同じなのにです。

 

←硬い

←軟らかい

  

これは、05のシートと比較して、

64のシートが以下の2つの条件を備えているからです。

 

1.粒の間隔が広い。

シートの粒と粒の間隔が広いと、

その分空間があるので、

ボールがラバーに食い込みやすくなります。

 

2.粒が高い。

そして、粒が高いと、

粒が倒れやすいため、

ボールがラバーに食い込みやすくなります。

 

なので、硬度を下げる場合は

シートとスポンジ両方の硬度を考慮します。

すると次の3パターンが考えられます。 

 

パターン1:

スポンジの硬度は同じだけど、シートの硬度を下げる。 

テナジー05→テナジー64

に変更するような場合。

 

パターン2:

シートの硬度は同じだけど、スポンジの硬度を下げる。

テナジー05→テナジー05FX

というような場合です。

 

パターン3:

シートの硬度とスポンジ硬度両方を下げる。

テナジー05→テナジー64FX

とうような場合です。

 

皆さんもTSPプラボールで困ったら、

硬度を下げるということを

試してみてください(^p^)