読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

迫力ある試合動画といえば?

 

オリンピック、世界選手権、ワールドカップ

を挙げる方が多いのではないでしょうか。

 

確かに、それらの試合は

とてもエキサイティングなものですが、

僕的にはロシアリーグが至高です。

 

例えば、僕の大好きな

2004年 アテネオリンピック 男子シングルス決勝

柳承敏 vs 王皓

 

ボールが追えるように、

サーブ後はかなり高い位置からの撮影になっています。

 

カメラワークはいいんですが、

カメラ位置がよろしくない!

 

 

次に、僕のお勧めするロシアリーグ。 

馬琳 vs オフチャロフ

 

コートの中から撮影してるのかな?

と誤解するほどの近さ。

高精細も手伝って、異常な臨場感です。

 

ボールの音、スピード、回転。

選手に隠れて見えないボール。

そして、たまに画面外に消える選手。

たまらんですね。

 

ちなみに、馬琳選手を金メダルに導いたラケットは

ヤサカの馬林エキストラオフェンシブ

通称:マリエキ 、マリンEO

上板が硬くて、

前陣速攻に向いているラケットです。

 

オフチャロフ選手は、以前

ワルドナーセンゾーカーボン(通称:WSC)や

ワルドナーウルトラセンゾーカーボン

(通称:WUSC)を使っていましたが、

 

今は、自分のモデルを使用しているのかな。

オフチャロフ オリジナル センゾーカーボン

(通称は、OOSC?)

 

ドニックのグリップデザインは少し変わっている気がする。

なんか、派手。