(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

STIGAの限定ラケット

スティガといえば、

泣く子も黙るスウェーデン

老舗ラケットメーカー。

 

石川佳純選手が使っていた

クリッパーウッド。

 

中国のシュシン 選手が使っている

インテンシティ。

 

丁寧選手が使っているエバンホルツ。

 

などなど多数の名作ラケットを

生み出し続けています。

 

卓球屋のセールで

何か買おうかと悩んでいると、

変なラケット見つけました。

 

その名もCRW7!

クリッパーウッド×ローズウッドという

なんとも贅沢なラケット。

 

グリップはダサいものの、欲しい。

しかし、本体価格:23,500円+税は

ちょっと高価すぎます。

 

板厚6.9mmで上板ローズウッド

ということなので、

これは、かなり球離れ早そうですよ。

 

STIGA JAPANによると

限定80本の模様。

stiga.jp

 

しかも、重さ90g後半となると、

使える人は限られてくるような

気がします。