(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

美しき檜単板

オークションにて格安でゲットした

廃版のバタフライ サイプレスS

画像はサイプレスJP03

 

言わずと知れたバタフライの檜単板の代名詞で、

歴代の韓国のペン選手は、これの10mmを愛用。

サイプレスSは9.0mmです。

 

f:id:ttmako10:20160825153851j:plain

木目は、右側の間隔が広めな気がしますが

斜目っぽさはなく、

何より重さが87gと非常に詰まった感じ。

 

少し痛みがあったため色々修理して、

人差し指部分を削り直しました。

(ブレード面が綺麗なのは救いです。)

 

削っては握り、また削っては握りの繰り返しですが、

これがなんとも楽しいこと。

 

シェークの場合、

付け根の部分を面取りするくらいなので、

このカスタマイズ感が楽しすぎます。

 

削る度に微かに香る檜。

 

ダーカーラケットに比べて

香気成分が少ない気がしますね。

ただ、木目は美しい。 

 

修理が済んだ後、

ファスタークG1を貼って試打したところ、

 

なんか、すごく気持ちいい!

 

球離れはすごく早いです。

「あれ、もう飛んでいくの?」って感じ。

しかし、不思議と入る。

 

軽打だと打球フィーリングは

「スコッ」って感じで非常にソフトなのですが、

意外とボールの飛距離が出ます。

 

しかも、力を加えると

「スパンッ」という音とともに、

ヒュンっとボールが伸びる感じ。

 

簡単に例えると、

二次関数っぽくボールが飛ぶように感じます。

1の力だと1しか飛ばないけど、

5の力だと25くらい飛ぶ!みたいな。

 

それに、回転もまずまずかかります。

 

打ってて楽しい\(^o^)/

 

なお、バックハンドは絶望的です。

まずやり方が全然わからない。

親指はこれ、コルクを押す感じで立てるのか?

 

とりあえず、

カズオ・マツモト先生の動画を見て勉強っと。

 

ペンドラは何より格好いい!

 

ただ、シェークに戻した時の違和感が半端ないので、

大事な試合の前にはお勧めできません。

 

こりゃ、単板ユーザーがはまる理由が分かった気がする。

なによりもう、ダーカーの単板を

買わずにいられない僕がいます。