(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

最後まで冷静に

Ping Pong in London

昨日はクラブのリーグ戦。

1部(4名)にエントリー。

 

さすがに手練れがそろっておりまして、

簡単には勝たせてくれません。

 

その中で、非常に悔しい思いをしたので、

自分の今後のためにも記録しておこうと思います。

 

相手は社会人リーグの1部プレーヤーで、

僕はこれまで勝ったことがありません。

(僕は現在5部ですし。)

 

しかし、昨日は相手のサーブを先に観察していたこともあり、

先に僕がマッチポイントを取りました。

10-9です。

 

そして僕は強い下回転のサーブを出して、

相手がつついてきました。

しかも、そのボールが台から出たのです。

 

普通の僕であれば、間違いなく

ドライブを打っていきます。

打点が遅れた場合はループドライブ。

 

しかし、僕の一瞬の思考の流れの中では、

「相手はかなり強くつついているぞ!」

「あと1点で勝てるのだから、ここはつっつきで繋ぐんだ!」

ということに。

 

なお、ツッツキは無情にもオーバーでした。

一瞬とはいえ、迷っているのですから、

ボールに対する対応が遅れているためですね。

 

その後このツッツキミスを引きずって

逆転負けしたのはもはや予想どおりでしょう。

 

これは悔いの残る敗戦となりましたが、

今後の勝負どころでの僕の心構えに

大きなプラスとなると信じて精進したいと思います。

 

「勝ち」を意識すると、安全にいきがち。

最後までセオリー通りのプレーを心掛けたいところ。

 

あと、バックラバーに05は不適。

やはり80くらいが良い。