(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

ラバーの貼り方(備忘録)

フォアラバーは、

グリップの付け根から

5mm隙間を開けて貼る。

f:id:ttmako10:20161111233925j:plain



こうするとバックを打つ際に

親指が隙間に上手くはまって

安定しやすい。



なお、ファインジップは

ラケットに2回。

ラバーに1回、塗ること。



バックラバーは隙間なし。

ファインジップは

ラケットに2回1回、

ラバーに2回1回塗ること。



こうするとバックの感触が

柔らかくなって飛ばしやすい。

バックはテナジー80なので

もともとやや柔らかいため、

1回、1回でよい。


2回、2回だと滑る感触がして

飛んでいかなかった。不覚。