読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

ALCについて本気出して

考えてみたよー

f:id:ttmako10:20161127152235j:plain

 

バタフライのアリレートカーボンがこの世に出たのは、

このビスカリアが初めてだと思われます。

1994年のことです。

 

 

この頃の卓球のルール

1.ボールはセルロイドの38mm

2.サーブはハイド(隠し)あり5本ずつ。

   (今でも多くの選手はハイドしてますが。)

3.21点マッチ。

4.スピードグルーあり。

 

 

この頃のオリンピックチャンピオン

1992年 バルセロナ

ヤン=オベ・ワルドナー(スウェーデン

ラケット:ワルドナーディコン

ラバー:J.O Waldner

1996年 アトランタ

劉国梁(中国)

ラケット:クリッパーウッドWRB中国式

ラバー:STIGA clippa, Mendo

 

 

この頃の世界チャンピオン

1993年 イエテボリ大会

ジャン=フィリップ・ガシアン(フランス)

ラケット:ガシアンエキストラ

ラバー:マークV

1995年 天津大会

孔令輝(中国)

ラケット:Avalox P500

ラバー:GLOBE999

 

 

この頃の最速ラバー

ブライスの発売が1997年なので、ブライスはまだない。

バタフライのラバーマトリックスを見ていると、

多分、スレイバーが最速で、スピード10

 

グルーイングしたとしても

スピード、スピン、共にテナジーには遠く及ぶまい。

 

 

初心に立ち返ってALCとは

この頃シリーズでかなり遠回りしましたが、

ようやくALCの基本的なことを考えていきたいと思います。 

というか、これを見たら一目瞭然じゃない! 

 

f:id:ttmako10:20161127162423j:plain

はい、懐かしい青い箱の裏面。

前は減衰性能のグラフもあったような記憶。

 

なになに、、、

特徴1.反発が高い

特徴2.ソフトな打球感

 

バタフライがいう反発が高いソフトな打球感とは

普通の木材だとどういうものかというと、

ラケットのマトリックスの左上の方を見ればよいのです。

 f:id:ttmako10:20161127164010j:plain

 

はいー、檜単板ー。

檜単板がソフトだと考えると、

やっぱりあまり手に響かないのをソフトだと言っているのでは。

 

ただ、このマトリックス

ZLCとALCが同じような位置にあるという

意味不明なものですがね。

(最新は、反発特性と振動特性のマトリックスに変わってます。)

 

疲れたからまとめると 

 

やっぱ、ALCはチャイラバに合わせるのがベスト。

 硬くて飛ばない奴ならチャイラバ以外もOK

 

 

そうすると、

ブラジルのカズオ・マツモト選手の

用具のこだわりとも符号してくるのです。

 

カズオ・マツモト選手は、

テナジー辞めてスピンアート(チャイラバ)使ったら

勝てるようになった。

と言っているわけですよ。

 

そして、何よりALCを使用する中国選手は、

まず間違いなくチャイラバ貼ってますよね。

特にフォアハンド。

 

過去に孔令輝選手も微粘着を合わせている。(選手生活後期に)

ラケット:特注孔令輝(バック面のみALC)

ラバー:タキファイヤSP(微粘着)硬度50-60度らしい

 

 

ALCが導入された時期には、

テナジーやブライスのような飛ぶラバーも無かった。

スレイバーがスピードMAXでグルーイングしてた。

 

スレイバーの硬度は38

テナジーは36。

 

ということで、インナーフォースALC

チャイラバ貼ってみようと思います!