(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

謎の卓球導師@YouTube

EmRatThichという卓球コーチが、

YouTubeで色々と卓球の神髄?を

解説してくれています。

 

英語ですけどね。

 

ちなみに以下の動画では、

中国がFLグリップしか使用しない理由を

Timo Bollをやり玉に挙げて解説しています。

 

Relax, Explode and Relax.

脱力、爆発、脱力。

このことをMicro Adjustmentとも表現しています。

 

STグリップだと、

脱力して爆発するとすっぽ抜けるので、

ずっと力を入れて握らないといけないから、

ボールに威力なしと切り捨てています。 

 

解説動画の相手が

ジュ・セヒュクだからじゃないかと

思うんだけど、ティモボルもむごい(笑) 

 

 

なお、中国ラバーとテンション系ラバーの

解説もなされています。

感触としては、7060%くらい信用できそう。

弱い力だとテンション系の方が飛ぶけど、

強い力だとチャイラバの方が飛ぶという解説。

うなずける。

 

 

以下ではなぜ中国のトッププレイヤーが、

STIGAブレードとチャイラバを使うかを解説。

卓球哲学の違いという言葉を持ち出しています。

 

中国卓球哲学

 ラケットは、腕の一部で、フィーリング重視。

 ラバーは、スピードとスピンを地面からの力で生み出す。

 

欧米卓球哲学

 ラケットは、スピードを出すもの。

 ラバーは、スピンをかけるもの。

 

とのこと。

 

カーボンなどを使えば使うほど、

フィーリングが損なわれ、球持ち(安定感?)や自信が喪失すると

解説されていました。

 

ヨーロッパ選手が勝てないのは、

そのせいもあると。

 

確かにね。

 

 

しかし、技術90%、用具10%には

反対します!

 

用具は40%くらいあるんじゃないでしょうか(^p^)

 

いずれにせよ、簡単な英語なので、

一見の価値ありです。