(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

模索、バックラバー

先日、ちょっとした大会で

準優勝しました。

周りの扱いが少し良くなりましたね(笑)

 

しかし、課題が残る準優勝で、

フォア・バックともラクザ7で臨んだところ、

バックハンドが棒玉になりやすく

カウンターを狙われまくり。

 

フォアよりもバックの方が、

スイングの径が小さいため、

バックにはフォアより弾むラバーが定石。

 

そこで、本日はインナーZLCに

F:ラクザ7 B:テナジー05FX

F:ラクザ7 B:V>15 extra

という2種類で打ち比べしました。

 

そうしたところ、

バックにテナジー05FXは奇跡!

 

ラクザ7では、

きっちりバックスイングを取らないと

良いボールがでなかったのですが、

 

テナジー05FXなら、

程よいスピードでなんでも入るイメージ。

 

さすが張継科がロンドン五輪優勝時に

バックに貼ってただけありますね。

 

非常に、バックドライブが簡単になりました。

食い込ませて回転をかける感じが

すごくよく分かります。

 

 

一方、V>15 extraの方は・・・

 

力を加える前に、

ラバーが勝手にボールを飛ばしますね。

打球感も弱いし、不安定になります。

 

ファスタークG1も硬くて、

ブロックやミート打ちには良いのですが、

ドライブをかけるのが難しい。

 

次は、バックにラクザXsoftを貼って

打ち比べを検討中。

 

あと、別冊「水谷隼」届きましたが、

ちら見したところ、

写真集かな?(^p^)