読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

「引っかかり」と「球持ち」

全日本では熱い試合が展開されてますね。

日曜日に観戦予定なので、

なんというか実感がない。

 

Live配信はちょっと画質がね。

でもすごい時代になったものです。

 

話は変わって「引っかかり」と「球持ち」

最近この2つは明確に別物だなと、

遅まきながら感じています。

 

少し前までは、「引っ掛かり」≒「球持ち」

と勘違いしていた節があります。

「球持ち」は食い込みですね。

 

例えば、ファスタークG1

 

シート&ラバーが硬いため

「引っかかり」はかなりありますが、

「球持ち」は少な目。

 

 

例えば、テナジー64

 

シートが柔らかいため、

「引っかかり」はファスタークより弱めに感じますが、

「球持ち」は非常に大きいく感じます。

かなりラバーに食い込む時間が長い感じ。

 

しかし、気になることが1つ。

 

軟らかいラバーを使うと、

食い込む時間が長くて、

「球持ち」が良いと感じているのですが、

 

伊藤条太さん曰く。

「ボールがラケットに接している時間は1/1000秒」

「ラバーがあっても、木べらでも変わらない。」

「プレイヤーは振動をそう感じているだけ。」

 

不思議だ。

 

ここまで来て何が言いたいのかというと、

「引っ掛かり」と「球持ち」のバランスが取れた

用具構成を検討する必要があるのではということ。

 

その点、テナジー05FXは非常にバランスが良い。

代替ラバーが欲しいということで、

JOOLA リズム425を発注してみた。

 

楽しみ♪(´ε` )