(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

バックラバーが決まらない

ZHANG Jike CHN___G_5894

ラケット:インナーフォースZLC

フォア:ラクザ7

この組み合わせは固定。

 

しかし、本当にバックラバーが決まらない。

 

しばらくラクザ7両面で良い感じでしたが、

ラバーが劣化してきたので

同じラクザ7に交換したところ、

 

 

「硬すぎて使えない。」

 

 

個体差ってやつですか。

 

そこで、懐かしのエクステンドHS厚を試してみましたが・・・

シートが柔らかすぎて、速攻お蔵入り。

 

現在、ラクザXソフトに張り替えましたが、

これまた少し柔らかい。

 

軟らかいと不安だし、強打した時にエネルギーロスして

威力のあるボールが打てません。

ラバー代がかさみますね(ToT)

 

 

個人的にバックは46度くらいが良い。

軟らかめのラクザ7、テナジー05あたりが最高。

次は軽い個体を頼むしかない。

 

パッケージ込で何グラムだと

大体ラバー総体硬度46度くらいになるのだろうか?

こりゃ、これから購入するラクザ7の重さの記録をつけるべきかも。 

 

とりあえず、せっかく購入したので

しばらくラクザXソフトで行こうかなと。

 

ただ、やっぱり少し柔らかいので、

過去の知見から、グルーを替えてみることにします。

ファインジップではなく、のりすけさんで貼る。

 

サラサラ系ののりすけさんなら

接着層が薄く、打球感がハード(手に響く)ようになるはず。

のりすけさん注文しました(笑)

 

そして、ついでに

セレロウッドも注文した\(^o^)/