(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

バックラバーに光明

昨日は試合でした。

3部で出場して、2勝1敗。

勝ち越したのでまずまず。

 

そして、長い間悩んできた

バックラバーに光明が差しましたよ。

ついに!

 

試合だったので不本意ながら、

両面ラクザ7トクアツで挑みましたが、

バックのミスはほとんどオーバー。

 

つまり、飛びすぎているんですね。

 

なんで飛びすぎるのか・・・

それは、スポンジが分厚いからです。

 

となると、スポンジの厚さを薄くすればいいのでは?

しかし、過去の経験から

スポンジを薄くすると食い込みが悪く、

打球感が硬くなることが分かっています。

 

バックに2.0は無し - (続)まことの卓球ブログ

 

ラクザ7のアツだと相当硬く感じるはず。

 

それで、眠っていたリズム425の

スポンジ厚2.0を貼って打ってみました。

前回少し硬く感じたので、ファインジップを二回塗ってです。

 

 

イイネ!(^p^)

 

 

飛びすぎず、硬すぎず、良くコントロールできます!

やや柔らかいですね。

二度は塗らなくてもよかったな。

 

同じリズム425トクアツだと、スポンジで「フニャ」っと

エネルギーロスするところが、

アツだと上手くラケットの力が伝わります。

 

「みんなトクアツだからトクアツ使うのが当然(^p^)」

という盲目的な考えにはまってたー、馬鹿だね。

 

トクアツを使う理由が必要だったのですね。

バックにはトクアツは不要論出てまいりました。

多分、FX系統ラバーでアツなら何でも使えそうだ。

 

以下の記事もあるのでアツはかなりあっている気がする。

試合で上手い人のラバー聞いたら

「ベガヨーロッパのアツです。」いうてたし。

 

ラバーの厚みについて : 元・卓球屋の日記

 

シン・ポンコツ on Twitter: "その用具は、フレイタスALCに両面テナジー64FXの中!"

 

そして、最近ずっと購読している

長谷川信彦兄貴の記事。

www.takurepo.com

 

自慢話が少々、そして僕の悩みは

過去記事かなり解決できそうな気がしている。

バタフライさんありがとう。

 

卓球は血と魂だもおすすめ。

ぜひお読みください。