(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

フォルティウスverD 試打レビュー

じゃん!

f:id:ttmako10:20170802225921j:plain

 

クラブで一緒に練習している

マスターズ沖縄代表の強い方が

verDを貸してくれました。

 

とてもありがたく、

この場を借りて御礼申し上げます。

やっぱ強い人は心も広い。

 

さて、借り受けたverDは96g!

フォア:ラクザ7 トクアツ

バック:テナジー80 トクアツ

を貼って、総重量189gのヘビー級です。

 

早速、1時間ほど試し打ちしてきました。

 

事前レビューを拝見したところ、

台上では止まる、後陣からは伸びるとか、

少しスカスカするとかあったので、

そういうバイアスも込みでのレビューです。

 

合板構成は、フォルティウスFTに

デュアルウェブという素材を挟んだだけ。

 

上から順番に、

染色リンバ、デュアルウェブ、アユース、ヒノキ、アユース

フォルティウス FT ver.D|卓球|ミズノ - MIZUNO

 

 

まず、軽打した際の打球感ですが

「スカスカ」という感じはしません。

 

桐のスカスカ感を予想していましたが、

そういう感じじゃない。

 

というかこれ

アリレートに似ている気がする。

打球感があまり手に響いてきません。

芯があまりない感じするね。

 

ノーマルのフォルティウスFTは

打つと檜の飛ばす感じと

手に響く感じが強いのですが、

verDはそういう感覚はかなり弱いです。

 

かといって飛ばないわけではなく、

重量もあって相当飛びます。

軽くカーボン入っているかと思うくらい。

 

弧線は低め。

打球音はいい音鳴ります。

 

とりあえず、覚えているうちに

簡単なレビューは以下の感じです。

 

スピード ノーマル < verD

球持ち ノーマル > verD

球離れの速さ ノーマル < verD

スピンかけやすさ ノーマル > verD

打球時の振動の大きさ ノーマル > verD

 

 

verDは薄いとはいえ特殊素材感出てる。

 

 

悪いラケットではないですが、

個人的にはノーマルが好み。

バーンと弾く感じがいい。

値段も半分ですし。

 

木材の最高形とかいう表現は

ちょっとおおげさです。

 

大々的なプロモーションには

スポンサーという大人の事情が潜んでいるようです。