読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

インナーALC+チャイラバ(検証結果)

恐ろしい結果がでましたよー

 

 

まず、ラケットはもちろん

インナーフォース・レイヤー・ALC

 

板厚6.0mm

リンバ・リンバ・ALC・アユースという構成。

石川佳純さんも使用中ですね。

 

 

 

合わせたラバーは・・・

 

 

じゃん!

 

 

ヴェガ・チャイナ!

卓球王国の計測では

平均硬度、53.7度

 

 

バックはこちら。

ヴェガ・プロ

王国の計測では、

平均硬度、48.4度 

 

ちなみに、テナジー05の平均硬度は

47.4度なので、両方とも硬い部類です。

 

ヴェガチャイナに至っては、

カッチカチやぞ!

 

 

まず、垂直に玉突きをすると

チャイラバっぽさが出て、

あまり弾みません。

 

 

しかし、実際に台について打ってみると、、、

 

 

チャイラバなのに飛びすぎやん!(^p^)

 

インナーZLC+ラクザ7より飛ぶ。

どゆこと?!

 

しかも、打球感が柔らかく感じますよ。

インナーZLC+GFT45並みに柔らかく感じます。

 

バックのヴェガプロに至っては、

インナーZLCにリズム42.5貼っているかのような

フニャフニャっぷり!

 

 

自信が確信に変わる瞬間。

 

 

ALCは「硬いラバー」と合わせる素材で

ファイナルアンサー

 

 

ALCを使うと、

ラバー硬度が「ー5度」で使えるというイメージ。

というのもインナーZLCは5.7mmで、

板厚が若干薄いので。

 

さて、そうなると

ALC.Sを購入した場合、何と合わせるかです。

 

板厚が5.5mmと薄くなっているのと、

添え芯がスプルースになって弾みがやや抑えられ

打球感は手に響きやすくなっているはず。

 

そうなると、ALC.Sは

打ち消しあって、「-2度」程度

柔らかく感じると仮定すると。

 

現在使用している

ラクザ7=47.5度

テナジー05=47.4度

と似たような感触になるラバー硬度は、49度。

 

該当するラバーは

翔龍

ラクザ9

オメガ5アジア

 

さて、それでも買いたいALC.S。

あぶく銭もはいったことだし。