読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

卓球用具の理解@EmRatThich

導師の動画を見ていたら、

用具厨にとても耳が痛くなる動画があったので、

翻訳しておきたいと思います。

 

 

最近、どうやってラケットとラバー選べばいいかという質問をよくうける。

そこで、今回知識をシェアしようと思う。

中国人コーチの視点から。

 

中国人コーチは、用具の知識半端ない。

だから、初心者の子供来たら

プレイスタイルを聞いて、コーチが用具を選ぶ。

ヨーロッパではコーチが選んだりしない。

 

なので、中国人コーチが用具を見たら、

すぐにプレイスタイルが分かる。

 

ラケットはラバーより重要。

ラケットはプレイスタイルの80%を決める。

ラバーは20%くらい。

 

一般的に5種類のブレードタイプがある。

1.バルサ

2.檜単板

3.5枚、7枚合板

4.カーボン

5.ALC,ZLCブレード

 

バルサブレードは弱く打つと軟らかくて軽い。

コントロールがよい。

強く打つとリバウンドが早くて、

つかむ時間は短く、スピンもかけづらい。

バルサはブロック主体、表ソフト(粒高含む?)には良い。

しかし、台から離れた現代のドライブ主体では

うまくドライブできない。

主に前陣で使われる。ドライブ向きではない。

 

 

檜単板は、早い攻撃が好まれている

韓国と日本でつかわれている。

この種類のラケットはペンホルダーで使われている。

檜の表面がソフトであるため、ソフトな打球感。

しかし、厚みは非常に厚く、パワフル。

打者向け、ブロックもよい。

 

 

コントロールドライブがベストとされている現代卓球において、

中国で好まれる木材合板。

中国選手はフィーリングの良いラケットと

とても硬いラバーでプレイする。

このラケットは中陣からドライブするのにとてもよい。

通常、柔らかく、大きなブレードサイズ、そして球持ち(安心感?)が良い。

球持ちは中国が卓球を席巻しているカギだ。

 

 

カーボン。

ハードな上板で最も早い 。 

打者又はパワードライブ打者にはとてもよい。

しかし、フィーリング(打球感)はとてもよくない。

初心者向けではない。

台から離れたとき、ドライブが難しい。

スマッシュは良い。

とても早いラケットだがスピンは少ない。

 

 

ZLC,ALCは、クラシック木材合板に

台から離れたときにパワーを加えるために添加された。

しかし、打球感は木材合板を維持している。

この種類のラケットが現在はベストといえる。

しかし、プラスチックボールになって、

スピンがかかりにくくなった。

中国選手はより強くヒットするため、

固いラバーを使う傾向にある。

 

 

これらのラケットは

色々なパラメータ(変数)をもっている。

厚さ、面の大きさ、グリップ、木材のクオリティ、合板構成・・・

しかし、いつでもある特定のプレイスタイルに結びついている。

中国の用具に関する哲学をご紹介しよう。

 

もし、あなたが初級者でできるだけ早く卓球を学びたいなら、

ベストのラケットは、オールラウンドまたはオールラウンド+の

木材合板ラケットだ。

これは、ベストな打球感を備えており、

ボールにスピンをかける技術を学ぶ際に、

あなたの卓球技術を改善してくれるだろう。

 

 

いくらかの西欧のプレイヤーは、

用具厨になりすぎ。

彼らはあまりにも用具を変えすぎる。

重要なのは、ラケットに慣れるまで

6か月は必要だということ。

もっと、技術や戦略の面に注力し、

古いラケットを使うつづけるべきだ。

ワルドナーは古いラケットでいくつもの王者になった。(WSC画像)

 

 

サムソノフも古いラケット使っている。

何も特別ではない良いコントロールの木材合板ラケット。

しかし、彼は卓球の戦略を理解している。

彼は偉大な壁、グレートブロッカー、

良いコントロールプレイヤーだ。

用具を変えるのをやめて、卓球をもっとエンジョイしよう。

 

 

シュ・シンもそうだ。

古い傷ついたSTIGAのブレードを使っている。

特別でもないOFF-の木材合板ラケット。

しかし、これはよい打球感を持っており

パワフルな打球といかれたスピンを生み出す。

このラケットは彼のスタイルに合っている。

あなたもプレイスタイルを理解し、それにあったラケットを選ぶべきだ。

 

中国の子供たちは、中後陣からのドライブスタイルを学びたがる。

そこでコーチはオールラウンドの木材合板ラケットを与える。

トレーニングで子供たちが上達するにつれ、

オールラウンド→OFF-→OFFへと

ラケットをアップグレードしていく。

しかし、アップグレードには時間がかかるし、

コーチの承認なしにはできない。

 

 

いくつかの西欧の国々、

USAやヨーロッパでは、強く打つために

カーボンラケットを欲しがる。

速いが、それ以上にコントロールできない。

技術は上達しないし、球持ちも非常に悪い。

ボールに回転もない。

それゆえ、ノーコントロールだ。

そして、パワフルさもない。

パワフルさは、回転の後にやってくるのだ。

 

 

こんな質問を受けた。

「いつラケットとラバーをアップグレードしたらいいの?」

重要なのは、以下の通り。

1.ほとんどラケットをコントロールできるようになり、パワーが足りないと思った時、ラバーを早いものに変えることができる。

 

2.より早いラバーに買えたとき、それでもイメージ通りにパワーが伝わらない場合、ラケットを変えるべきだ。

 

3.しかし上の2つのどの場合でも、5球思い切り打って、4球が相手コートにきちんと収まらないといけない。3球ならアップブレードすべきではない。技術を見直すべきだ。

 

 

覚えておいてほしい。

ラケットはボールを感じるもの。

ラケットは球持ちを感じさせてくれて、

ボールにスピンをかけさせてくれる。

それでラバーはスピードをボールに乗せれる。

 

もし、回転なしで売ったら、

あらぬ方向に飛んで行ってしまう。

飛ばないラケットで卓球をエンジョイしよう。

 

もし、ボールに回転を加えたなら、

スピードは速くなるだろう。

スピンナシなら、打球感なし、たくさんのエラー、そして面白くない。

 

 

私は、このビデオが用具をころころ変える

用具変更病をとめることを願っている。

よい打球感とコントロールの良いオールドラケットを使い、

戦略と技術を学び、卓球を上達させ、

もっと楽しく、幸せな卓球を。

 

 

次の質問。

「用具を変更したくないんだけど、プラボールに問題があって。」

プラボールはとても硬い。

回転をかけるのに苦労する。

ちょっと強く打たないといけないし。

遅いし、スピンもかかりにくい。

そこで2つの解決策だ。

 

・体を鍛えよう。もっと強くうつために。

足、おしり、腰から。

・もっと硬いラバーを使おう。

フォアもバックも。

 

 

以上。