読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)まことの卓球ブログ

沖縄、卓球、ライフ。

勝ったら不味い

最近、卓球で勝つことに自信がついてきました。

 

なぜこんなことを言うかというと、

少し前までは、市の代表を決める大会なんかで

「格上に弱い自分が勝ったら不味いことが起こる」

という心理が働いて、勝つことに躊躇し、故意に負けたことが何度もあるからです。

 

卓球は不思議なスポーツで、

たまに弱い人がめちゃくちゃ強い人を倒したり出来ます。

 

相性が良いのか、相手の調子が悪いのか、

作戦が大当たりなのか、何を打っても入る日だからか

理由はわからないのですけど。

 

「勝ちに不思議の勝ちあり。」なのです。

 

しかし、最近は色々な戦術書を読んだり、

大会で良い成績が残せたりしてきて、

ようやく「勝って良いんだ。」と思えるようになりました。

 

これからは、堂々と格上を倒しに行きたいと思います。

弱いと言われてようが、強い人に勝つことによって

初めて認められるもの。

 

堂々と勝ってやりましょう。

不味いことを起こしたらいいんですよ。